駄文をつらねるウェブログ

駄文・乱文・残滓

2年が過ぎた

働き始めてから、少しは自分が好きになったかもって思ってる。けどまだ嫌いなところたくさんある。有言実行できないところとか、部屋が汚いとか、優柔不断とか。

あぁ、ニートになりたい。

今日はYouTubeバーチャルYouTuberの動画を見た。鳩羽つぐちゃんの危ない雰囲気がとても好き。次点で猫宮ひなたちゃんか、薬袋カルテちゃんかな。ひなたちゃんの気だるげな雰囲気がらき☆すた泉こなたと似てて好き。

東雲めぐちゃんの動画はピュアさ加減がとてもよかった。中の人が中学生ってのもあって純粋。私が失ってしまったもの。

弱音

1月から2月にかけてかなり理想に近い生活ををしていた。その一方で3月は悲惨だった。少しの無理が連鎖を呼んで二ヶ月弱こつこつ積み上げたものが瞬く間に崩れた。

そこで自覚したのは意志が弱いこと、物が捨てられないこと、継続的な取り組みができないこと、そして頭を使うことがめっきり減っていることだった。

ネガティブなことだけを連ねてしまったが、ポジティブなこともあった。5分瞑想するだけで気持ちが整理できること、入浴習慣で寝入りが楽になること、早く寝るだけで朝早く起きれること、やりたくないことはやらなくてもいいということ、日記を書くと記憶が定着しやすいこと。

しょうもない事柄ばかりだが、やっと血肉になった気がしている。

この二ヶ月弱音を吐かないように思っていたが少々弱ってきた。まわりの人と比較しても意味ないと思いながらまだ比較しがちだ。

また前を向きたい。

 

「月がきれい」というアニメが眩しい

月がきれい」というアニメは中学生の恋愛を描いた甘酸っぱい作品だ。

anime.dmkt-sp.jp

彼らは部活動にも一生懸命でまっすぐで不器用で、とても良い。

こんな日々が遅れていたら私は違ったのだろうかと思うのは……。なんだろう虚しい。

あと作中とエンディング中にちらっと出てくるLINE風アプリのやりとりが、きゅんと来る。

特に最終話。

P.S. 毎年誕生日がある1月は憂鬱な気分だ。毎年昨年のことを後悔している気がする。

コミュニティが最も重要だ

会社と自宅の往復だと、ほかに何も逃げ場がない。

何かやるにしても数人であつまってやったほうが効率が多い場合がある気がする。

コミュニティ。

ネットワークビジネスに誘われて断ったときも思った。

想像よりも、コミュニティというのは重要で有益なんだと。

コミュニティに属していないとただただ気が沈んで孤独を感じてパフォーマンスが出ない。

そんな当たり前のことに26年間気づかなかった。

ぐぅ。不労所得手に入れて寄付したい。

原宿散歩しよう……。この前夜の原宿散歩して探検みたいですごい楽しかった

あけおめ。ことよろ。がんばらない。

今年の目標は「がんばらない」です。

誰ともわからない誰かのために、20年以上頑張り続けてきた気がするので、もうがんばらないことにします。

がんばらなかった時間分は、自分の時間にします。人生について見直そうかなと。何がしたかったんだっけって。

http://amzn.asia/bK2RdbD